名古屋の税理士、安井会計事務所のスタッフブログ


by yasui-kaikei

来年はもっと明るいニュースを

帝国データバンクによると、2011年のホテル・旅館の倒産件数が、
過去最悪のペースで推移しているようです。

理由として、東日本震災と福島第一原発事故の影響で国内・外の観光客が激減し、
ホテル・旅館業界は大打撃を受けた、という震災関連倒産が頻発したからです。
さらに、燃油特別負荷運賃(燃油サーチャージ)の上昇と、急激な円高なども
外国人観光客離れに追い打ちをかけたようです。

日本経済の景気動向は、内外需とも弱く、国内景気は踊り場局面といわれています。

また、欧州債務危機、バーゼル3等不安をかきたてるような事項があったりと、
相変わらずの状況が続くことが懸念されます。

それでも、2012年3月に期限を迎える金融円滑化法が2013年3月まで
延長された事は少しは明るいニュースではないでしょうか。

来年はもっと、明るいニュースが増えるといいな、と思います。



名古屋 税理士 安井会計事務所
[PR]
by yasui-kaikei | 2011-12-27 12:56